読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ズートホーン00のこれからどうスラッヂ

「これからどうする?」の土佐弁「これからどうすらぁ?」とMy Favoriteロックンロールバンド「ザ★スラッヂ」をかけて、一時どこかで流行った言葉。そんな、将来への不安をこじらせたような物言いをいまも引きずる、たっすい(頼りない)ブログ。

落合、キヨマーを語る

f:id:zoothorn00:20130625045148j:plain

 

清原? 技術がないだけですよ。
あのティーの打ち方、素振りの仕方見ればわかる。
彼はストライク振ってないんだから。ボールを振ってんだから。
どこの世界にボールを振る練習するバッターいます?
このへんのボール、ティー振ってるでしょ。ゲームはもっと下よ。
下、振らなきゃ。すべての段階でボール打ちの練習したってしょうがない。
技術を追求しないと。下へ下へと振っていかないと。
(間の取り方は?)もともと間の取り方ヘタなバッターやから。
だから彼が良かったのはPLの2年、3年とプロの1年目、2年目まで。
そら、構えから凄い、とてつもないバッターだと思った。
なんでこんなに言うかっていうと、そういういいものもって、
それを表現できてた人間が、なんでここまで落ち込まなきゃいけないのか。
何やってたんだって、10何年間。
素晴らしいもの持ってんのよ。もっと練習して、つくりあげて。
だいたい最初からインサイド打てないのわかってんだから。
まわりからインサイド打てない打てない言われて、
いいじゃんインサイド打てなくたって!
過去にね、インサイドも真ん中も外もみんな打てたバッター
ひとりもいないんだから。
打てないのはほっときゃいいのよ。打てる球だけ打っときゃいい。
そしたら2割ってことはない。
(日ハムの試合を奥さんと見に行ってる場合じゃない?)
いいんじゃない、それは。自由な時間だから。
自由な時間は好きにして、とにかくきちっと練習して、
打てないボールはほっといて、打てる球だけ打ちゃいいのよ。

※1997.6.8「GRADE-A」より。巨人1年目の清原、この時点で打率2割1分。