読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ズートホーン00のこれからどうスラッヂ

「これからどうする?」の土佐弁「これからどうすらぁ?」とMy Favoriteロックンロールバンド「ザ★スラッヂ」をかけて、一時どこかで流行った言葉。そんな、将来への不安をこじらせたような物言いをいまも引きずる、たっすい(頼りない)ブログ。

便所問答

f:id:zoothorn00:20130630160535j:plain

f:id:zoothorn00:20130630160604j:plain

 

写真は約20年間トイレに貼ってた、野村本の見開きのコピー(実際のは変色してるのでさらにコピーしたものを撮影)。落合がノムさん相手に打撃哲学をとつとつと語ってるくだり。片岡さんはこれを「便所問答」と名付けてた(笑)。前々回アップした『オチ、キヨマーを語る』で、「打てる球だけ打てばいい」と提言してたオチ。それを自分でも実践してたことがよくわかる。しかしオチの太もも、ふくらはぎ…見るたびほれぼれする。かっけぇぇ!



落合 ボールを、どこまでひきつけたらいいのか、どうやって打ったらいいのかわかんない。下手投げは、体で覚えたけど。おれ、今度、巨人の山本雅夫に聞いてみようと思う。「お前、どうやって左ピッチャー打つのか」って。

野村 左バッターが左ピッチャー打ちにくいというのは、外角へ流れていくスライダー、カーブが厄介なんだ。それをマスターすると、今度は内角へのえげつないシュートがある。そういう関係でいやだ。

落合 だけど、ぼくは、下手投げのピッチャーの真ん中から外に流れていくカーブは全部ボールだという観念しかない。だから何も追っかけることはない。

野村 事実そうだ。

落合 カーブだったら、背中からくるカーブと、あとシンカーだってなんだって、真ん中へ入ってくるか、インサイドから中へ入ってくるか、それだけ待っときゃ、下手投げは打てる。たとえば、阪急の山田さんとやるときに、カーブで三振しても凡打してもなんとも思わない。昔の山田さんじゃなくて、いまの山田さんね。真っすぐきた、シンカーきた。それで打ちとられると、すごく腹が立つ。だから、あの人とやるときは、インサイドないし真ん中よりインサイド寄りの真っすぐとシンカーしか待ってない。

野村 完璧主義じゃないんだ。

落合 そう、ぼくは全然違う。