読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ズートホーン00のこれからどうスラッヂ

「これからどうする?」の土佐弁「これからどうすらぁ?」とMy Favoriteロックンロールバンド「ザ★スラッヂ」をかけて、一時どこかで流行った言葉。そんな、将来への不安をこじらせたような物言いをいまも引きずる、たっすい(頼りない)ブログ。

Penerope at 阿佐ヶ谷イエロービジョン(7月24日)

20130724/penerope


[Set List]
Speak Low
イルカのエチュード
Samet
壇蜜
Family
Summer Time
Mais do Que Valsa
Candy Says
Almost Blue
Mauro

きゃべつ(6人編成)の3人からなるペネローペ(トシtp、本庄ds、山田g,key)。山田氏によるときゃべつとは全く別物として考えているという新しいトリオだ。「イルカのエチュード」「Samet」はきゃべつでも演奏してる曲だが、「ほとんど変わってるからわかんないと思う」という通りで決めごとすらはっきりしない。オリジナル以外も、スタンダードあり、ベルベットあり、E・コステロチェット・ベイカー?)ありと何が出てくるかわからない、ノンジャンルの面白さ。Candy Saysはこの日はじめてきいたが意外本庄さんの選曲だったとか。インストなのにtpの音色が曲の良さをひきだして際立って華やか。山田氏はこの曲だけアンチョコを見ながらの演奏だったのが笑えた。「Mais do Que Valsa」は新発見。メロディの背後のエレピが抑えが効いて超おしゃれ。マルコス・ヴァーリ版を聴いてみたがこれもゾクゾクもの。ブラジリアン音楽の深みを感じざるを得ないと言わざるを得ない(福田康夫風)。

ライブ終了後は、山田氏とトシのひそひそ話に耳を傾ける。この二人、妙に親密な、というかちょっと怪しい雰囲気を漂わしている。「二人は出会ってよかったですね」と本庄氏も後にツイッターで述懐している。トシとハッピーエンドブルー、じゃない山田氏はミスした部分をしきりに反省していたが、それがどこだったかおれにはわからない。「やっぱりわからないよね(笑)」と山田氏。本庄氏は「まぁ、徐々に良くなるよ」といいムードにもっていく。おれがその場で撮った動画を見てもらってると、誰かがモニターをのぞき「あぁ、これはマイルスとジャック・ディジョネットチック・コリアですね」と。友人のテッキーさんは本庄氏に「あそこはよくなかった」といつもの調子で、本庄氏もおとなしく拝聴してる感じ。そんな和んだプチ打ち上げですた。次回10月23日は行けそうもないのですが音だけでもききたいな。。

http://www5.ocn.ne.jp/~yvision/newpage66.html


以下は、その後の「FSM音楽祭」でのペネローペ動画&Marcos Valle「Mais do Que Valsa」

イルカ~サマータイム
http://www.youtube.com/watch?v=2yquG1hSLTI&list=UUSp58r50elnah99VDECWPZg
Candy Says
http://www.youtube.com/watch?v=h2rqCKF8xEA&list=UUSp58r50elnah99VDECWPZg
Almost Blue
http://www.youtube.com/watch?v=4eqNdjQQcGo&list=UUSp58r50elnah99VDECWPZg
Mauro
http://www.youtube.com/watch?v=M-8lh8ZJSoY&list=UUSp58r50elnah99VDECWPZg

 


Mais Do Que Valsa - Marcos Valle - YouTube