読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ズートホーン00のこれからどうスラッヂ

「これからどうする?」の土佐弁「これからどうすらぁ?」とMy Favoriteロックンロールバンド「ザ★スラッヂ」をかけて、一時どこかで流行った言葉。そんな、将来への不安をこじらせたような物言いをいまも引きずる、たっすい(頼りない)ブログ。

好きな映画のセリフ(つぶやきまとめ)

f:id:zoothorn00:20100324232100j:plain

 

発掘した映画関係のメモや思い出したもののつぶやきまとめだす。最後のトラック野郎、やっぱり最強…。



結婚は肉体的な魅力でするものじゃない。それはつかの間のことよ。(『ボッカチオ70』)

好きだからこうやって来るんじゃねぇか。おれだって木石じゃねえんだぜ。(『お役者鮫』)

都合の悪いときゃ仕方がないの。それでもあなたはとんがらがっちゃダメよ。ダメよ。(『淑女は何を忘れたか』)

「女の足は稼ぐねえ」「努力の努の字は女の又の力って書きますからねぇ」「そうよ認識してくださいよ。女の力を」「又の力をね」(『女体渦巻島』)

ハハハハ!さあ、みんなで歌いながら帰ろう!(宇津井健

何みてんの。いやぁね、あんたも。みたいならどうぞ。(『石中先生行状記』)

おめえ、おらにこずかいくれないかよ。(『石中先生行状記』)

「バンドつくろ!な、わしと一緒にバンドつくろ」「バンドつくろ!わしもあんたの顔見たとき、そういよ思とった」「ほんまか!」(『青春デンデケデケデケ』)

うちを抱いてくれんか。いんばいなんてせん。もうだれにもやらしゃせん。先生にきっとクジラを食わせちゃる。(『カンゾー先生』)

男のことしか頭になかったき。うちは狗神じゃないでぇ。なんでうちらが責められないかんで。狗神らぁ、おらん。狗神らぁ、おらんよ。(『死国』)


焼跡の夕映えに映える小さな家々。そのひとつに母が住む妹夫婦がいる。いまはただ、母のふところに飛び込んで、私は子供のように眠りたい。(『めし』

おい、女房にな好きな男ができたらしいんだ。フランス風にいえばどうやら一人前の亭主になったってわけだ。(『妻は告白する』)

「ケッ」(佐藤允

あたしいつも思うの。人間なんでもやりだしたらやるだけやらなきゃだめよ。(『暁の合唱』)

念力が大事ですよ。伸びさらしてふんばらなきゃいけませんよ。(『夜ごとの夢』)

粉にならうと地獄に堕ちやうと喜んで働き通すわ。(『夜ごとの夢』)

「しかしあんたが温泉マークとはね」(『飢える魂』)

中年の恋愛って厚顔無恥だからな。(『飢える魂』)

ぢゃ僕はあくまであなたの赤帽であり、チンコロであるにすぎんのですか。(『金環蝕』)

キスは好き?(『ハタリ!』)

おばあちゃんにキスは?(『グロリア』)

少女ゆうんはいっつもつまらんもんよ。(『がんばっていきまっしょい』)

17も一度だけか。ハタチになったらみんなどうなっとるんじゃろ…。(『がんばっていきまっしょい』)

うちはな、ウソと坊主の頭はまだゆうたことがないえ。(『女体は哀しく』)

しらばっくれんない!(『多羅尾伴内 十三の魔王』)

いやぁ、ごけんそんごけんそん。(『ボロ家の春秋』)

神の国は汝の内に、汝の周りにある。薪を割っても私はいる。石をどけてもそこにいる。(『スティグマータ 聖痕』)

「明日の紅顔、夕べには白骨と化す」と申します。ほんとにこの世は無常なものでございますなぁ。(『西鶴一代女』)

“Who are you?”“ I am no one. Many. ”俺はいきあたりばったりに殺す。楽しみ以外に動機はない。(『エクソシスト3』)

毎日パンを食わされ、好きでもない小唄とかゴルフをやらされて。もうまっぴらごめんだ!おれは明日から自由になる。おれは自由な人間だ。めしははらいっぱい食っちゃうんだ。踊りたくなれば、どじょうすくいでもなんでも踊ってやるんだ。ちくしょう。それで気に入らなかったら勝手にしろ!おれはお前なんかこわくない。ざまあみろ!(『續へそくり社長』)

10代はガキ。20代は男。30じじいで、40以上はスポンサー!(内藤洋子)

うっしっし~。やったぜベイビー!(『娘ざかり』)

バハハーイ!レッツゴー!(『娘ざかり』)

感度にぶいわね~。おたんこなす!(『娘ざかり』)

えらいなんていわないで。臆病者なの。ほんとよ。夢はバンドで歌うことだけどテストがこわいの。このままじゃママと同じ人生になるわ。なんにもない無意味な人生。(『エンパイア・レコード』)

悲しいのやろか。さびしいんやろか。もっとはっきりした気持ちをつかまんとあかんわ。(『細雪』)

独身時代があんまり長いといいことないわ。(『ヒマラヤ無宿・心臓破りの野郎ども』)

もう我慢できない。死んでもらうよ。(『関東緋桜一家』)

こんな奴惚れるもんかが惚れはじめ(『弥太郎笠』)

いかんいかん、オールいかんのである。(『三等重役』)

キミは見かけによらないアホね。キャバレーにつとめたくらいでたちまち変わるような女性にキミは惚れたの?
(『青空娘』)

自殺?もう始めてる。派手にやる性格じゃない。(『Another Woman』)

思い出とは現在のものか、失ったものか。(『Another Woman』)

おっ母さんがこういったの。人は悲しい時は笑うもんだって。それから私は笑いどおし。(『女と三悪人』)

おっ母ぁに逢いにいく子に道なんかいらねぇ。(『トラック野郎熱風5000キロ』)