読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ズートホーン00のこれからどうスラッヂ

「これからどうする?」の土佐弁「これからどうすらぁ?」とMy Favoriteロックンロールバンド「ザ★スラッヂ」をかけて、一時どこかで流行った言葉。そんな、将来への不安をこじらせたような物言いをいまも引きずる、たっすい(頼りない)ブログ。

「これは、全ての敗者の情念がもたらした最後の復活戦である─『てめえらふざけんな!!』」(片岡理)

今朝片岡さんの割と長い夢を見たので取り急ぎ。スラッヂ片岡理さんのソロの新譜リリースが決定し、インディながらサブカル界で話題となり、レコ発3日連続トークライブが決まる。なぜかトークライブらしい。ぼくは飯田橋に通い、さえないサラリーマンをしている。新聞にも新譜やレコ発ライブの告知記事が掲載されるが、その文章が片岡さんの「死力回復センター」の一連の文章のようで、何度読んでもまったく意味不明。で、初日は仕事で観にいけなかったが、2日目は飯田橋の映画館らしき会場にイン。満員の会場のなか、片岡さんとそのとりまきが駆けつけ、ステージにあがる。とりまきには確かスチャダラパーのボーズや若手漫画家?など。片岡さんはおれに目を向け、「泥船!泥船!」というので、しかたなくマイクを握り、「えー、泥船の主人公は36歳の無職の男で…」などとなぜか渡辺紘文監督「そして泥船はゆく」のあらすじを喋り、ぜんぜん新譜の話にならないのであせる。片岡さんのとりまきにおれがいないのは、会社の仕事のせいだとはなんとなくわかっている。その新譜だが3曲入りのミニCD。かなり装丁、デザインが凝ってて、折りたたむと直径2センチ位になるのだった。聴きたいなと折り紙を開くようにジャケをいじっているがなかなか開かない。と苦戦してるうち目が覚めた。



…こんな夢を見た背景には先日、片岡さんの高校(T高校)の同級生T中さんに初めてお会いしたこともあるのかも。T中さんとはこのブログにコメントをいただいたことがきっかけでメールのやり取りが始まる。私の田舎・後免町の隣町「土佐山田町」に、僕と同時代にお住まいだったこと、また私が12年間勤務した飯田橋の会社のごく近所に今のお住まいがあることなどをきき、これも縁だなと深く感じていた。
お会いしたのは上野。片岡フリークであるDr.O川氏とともに駅で落ちあい、挨拶もそこそこに「大統領」に挿入!ビールも来ないうちからさっそく片岡話に。T中さんは高校のギター部で片岡さんとご一緒で、しょっちゅう二人で行動を共にするほど親密だったが、高校卒業後はほとんど音信不通となったそうな。で、30歳位の頃、偶然日暮里の駅で「おぉ、スミオちゃんやんか!」と片岡さんに声をかけられ再会したという。この話妙に聞いた覚えがある私である。T高のギター部は、基本クラシックギター専門で、当時の部員はリーちゃん(片岡さんのこと)、タケチくん、ナカガワくんなどがいて、T中さんは部員それぞれのギターへの偏愛度の違いを語るのだが、タケチくんナカガワくんのことは何も知らないのに、高知のクラスにはほぼ必ずいる苗字ということや、T高は当時から偏差値は高知でも抜きんでている高校だが、それ以上に変人が多いというもっぱらのイメージということなども相まって、なぜか顔すら想像できてからに面白い。まるで高知の場末の居酒屋が、上野に降臨という風情すら漂って、「大統領」という独特の喧騒状態、そして酔いの中、3人の顔も終始にやけ、はたから見たら妖怪的なオヤジ三酔人問答のように見えたのではなかろうか。Dr.O川氏もこのディープな展開にガハハ笑いを連発する。
「リーちゃんは、ギターはまったくの初心者でしたき」とT中さん。「それより記憶にあるがは、いつもポエムのような不思議な文章をかきよって、あれはなんだろうと長年思いよりました。けんどユーチューブで彼の歌をきいて、それが氷解したがです。あぁあれは詩ではなく歌詞だったんだとね」と、焼き鳥とキムチを交互に喰らいながら話が止まらないT中さんであった。
なるほど、それはまさに片岡さんの伝説の年賀状群やメーリングリスト「死力回復センター」で展開したあまたの文章にもつながっていると強く思った次第。
そのほか、リーちゃんのユートピアは小学校時代の夏休みに過ごした東津野村の秘境にあった。リーちゃんの最大の挫折は高校時代バレーボール部のレギュラーになれなかったこと。これが格闘技をはじめたことにもつながっていた、などなど私とT中さんの思い出を軸に片岡論がつぎつぎと出る出る。「リーちゃんはギタリストでも詩人でもアスリートでもない。表現者ながですよ!」というT中さんの説にも深く同意した私だった。
いやその時点で酔いもかなりまわっていたし、発言の記憶も定かではない。土佐弁もこんなに使っていなかったかも(笑)。大事な話もいくつか忘れているような気がする…。

で、そうそう、T中さんにお見せしようとこの日ぼくがお持ちしたのが片岡さんが高3の時に同級生とつくったという手書きミニコミ「てめえらふざけんな」。T中さん、それをパラパラとめくる手をあるページで止め、「あ、これ僕が書きました」。まさにそんなこともあろうかとお持ちしたのだが、また何かがつながった気がしましたね。そんなことから、「自分はリーちゃんと長く付き合いもなかったし、追悼のようなことは書けないけど、ギター部当時の感想などのメモなら書きますよ」と。さしずめ「てめえらふざけんな2016」とでもいうものになるのだろうか。まさに震えて待て…。いや、「震えてばかりはいられやしないぜ、このまま終わる冬じゃない」!!!…だよね。

f:id:zoothorn00:20160125172303j:plain

f:id:zoothorn00:20160121205835j:plain

f:id:zoothorn00:20160125180115j:plain