読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ズートホーン00のこれからどうスラッヂ

「これからどうする?」の土佐弁「これからどうすらぁ?」とMy Favoriteロックンロールバンド「ザ★スラッヂ」をかけて、一時どこかで流行った言葉。そんな、将来への不安をこじらせたような物言いをいまも引きずる、たっすい(頼りない)ブログ。

「ヨガ行者の一生」読書会の記憶

f:id:zoothorn00:20130307013928j:plain

 

昨日はyesF.C.初代会長白木るい子さんの文章を、F.C.会報や 「RockBottom」などで読みふけっていた。『海洋地形学の物語』の元ネタにもなった「ヨガ行者の一生」について繰り返し語っているのが懐かしい。白木さんは当時看護婦さんだったのだが今はいったいどうされているのだろう。もっともおれがFCに入ったころ、会長はもう2代目になっており、白木さんとは一度もお会いしたことがない。そのころからすでに伝説の人だったのだ。

 

f:id:zoothorn00:20130408021144j:plain

ここ数日引っ越し準備で荷物を整理するなか、その「ヨガ行者の一生」が2冊手元に出てきた。1冊は自分ので、もう1冊は片岡さんのだ(改訂版の「あるヨギの自叙伝」)。これは片岡さんが亡くなって、ご家族がブックオフに処分したのをおれが見つけて保護したもの。「片岡理様」という紙片は、まず間違いなくお茶の水の明大生協で予約したときのものだろう。ちゃんと2割引の価格になっている。この本を片岡さんが買ったのはおれと読書会をするためで、当時(87年頃)はよく本は明大生協で2割引で買っていた(ある価格以上だけ割引だったかも)のだ。おれも職場が神保町だったので時々お世話になっていた(笑)。読書会はいつも神保町の決まった喫茶店でしてた。かわるがわる音読をしていたのかな。少しづつ読んでいたが長大な本だし、最後までは続かなかった。何度やったのかもうほとんど記憶にない。その喫茶店もとうになくなってしまった。高名なヨガ行者であるパラマハンサ・ヨガナンダの霊的能力、その奇跡的な生涯を綴ったこの本。また改めて最初から読んでみようかな…。

 

f:id:zoothorn00:20130329034812j:plain

これは別の本。片岡さんが読んだところまで(?)のしるしに付箋をしてる(笑)